My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

ピアノ講師ではない一般人が選ぶ、電子ピアノのオススメ。

Sponsored Link

ピアノを断捨離する前に、島村楽器さんで電子ピアノの弾き比べをしました。

確か2017年の10月のはじめ頃だったと思います。

 

ピアノの先生は、電子ピアノなんてダメだなんていう方がまだまだ多いようですが、現代の住宅事情からするとなかなか難しいですよね。
ピアノを習っていた期間は10年ですが、本格的にやっていたので、絶対音感もありますし、それなりに自信もある私。
覚えている限りで試弾したときのレビューと、オススメをご紹介しますね。

f:id:jfhappy:20180219113825j:plain



まずは、ためしに10万円以下のもの。
ドレミの3音を弾いた時点で、やはりピアノに比べてタッチの感触があまりにも軽すぎて、全く別の楽器だと感じました。

電子ピアノを購入するなら20万円~がオススメ

この価格帯になると、鍵盤がプラスチックから木製になるんです。
タッチの感触が重くて、指に引っかかる感じというか、しっかり押さないとちゃんと音がならない感じというか。
そういうアコースティックピアノを弾く感覚に近いタッチ感が、うまく再現されています。

  • カワイ CA17(生産終了したみたい)
重厚感のある低音がかっこよかったです。
でも、それまでヤマハのアップライトを30年以上弾いてきた私には、鍵盤がちょっと重過ぎました。

  • ヤマハ CLP-645
まさにヤマハの聴き慣れた音とタッチ感で、安心感がありました。
でも飽きるほど聴いてきた私にとっては、ちょっぴり面白みのない音色に感じました。

  • ローランド HP-603
ピアノといえばカワイかヤマハの2択、っていう思い込みを見事に覆してくれました。
音がキラキラしていて、一番キレイに聴こえました。
タッチ感はやや軽めです。

  • ローランド HP-605 LX-7 など
予想外のローランドに惚れ込んだ私は、もう1ランク上のHP-605、さらに上のLX-7も試弾。
タッチ感は変わらないけれど、お値段に比例してスピーカーの数や性能がUPして、より臨場感のある音になっていきます。
ヤマハやカワイも、お値段の違いはスピーカーの違いによるものだと思います。


結局どの電子ピアノがいいの?

お子さんのためのピアノと仮定して。
お教室がヤマハのピアノだったらヤマハ、カワイだったらカワイを購入するのが、レッスン時に違和感がなくてベストです。

 

初期のバイエルやブルグミューラー(2~3年?)でやめるつもりだったら、別に10万円以下のものでもいいと思います。
ただしそれ以降は木製鍵盤じゃないと、やはり生ピアノでうまく弾きこなせないと思います。

ピアノって、楽譜通りに鍵盤をただ押せばいいってものではなく、腕や手首の使い方によって音を変化させながら弾くものです。
そのあたりの表現が、安いものではほとんどできないけれど、木製鍵盤だとそれなりにできるようになります。
(アコースティックピアノの表現力には及びませんが・・・。)

 

私のように個人的な趣味で弾くのであれば、ローランドはかなりオススメ。
実力以上にうまく聴こえるので、自己満足度が高いです。
ヤマハやカワイよりお値段も若干お安めですし・・・。
ちなみに私は、ローランドのHP-605を購入しました。