My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

リビング学習は、本当に学力をアップさせるのか。

Sponsored Link

ウチの中3の息子は、いまだにリビングで勉強しています。
彼の部屋には、小学校入学時にベッドと一緒に購入した学習机がありますが、ほとんど使ったことがありません。
そもそも部屋自体が、荷物を置いて寝るだけの場所と化していて、自宅では起きている時間のほとんどをリビングで過ごしています。

よくリビング学習は学力がアップすると言われますが、子どももそれぞれ好みがあるので、好きなところで勉強すればいいと思います。
でも、いつでもリビングで勉強ができるような環境になっていることは、大事なことだと思うんです。

f:id:jfhappy:20180219110548j:plain




学力が高い子のリビングは、勉強しやすい環境になっている

リビングでダラダラとテレビをみたり、大人が晩酌していたりという環境では、なかなか集中して勉強できません。
また、テーブルの上にいつも物が散乱していると、勉強の前に片づけることから始めなければなりません。

おそらくリビング学習がいつでもできる状態になっているおウチは、家族の方の時間の使い方が上手なのではないでしょうか。
食事が終わったらすぐに片付けて、家事をしたり、本や新聞を読んだり、資格取得に向けて勉強したり、趣味に没頭したり、仕事をしたり・・・。
親のそういった姿を見て育てば、おのずと勉強をする子どもに育つのだと思います。


林先生が大絶賛していた中室先生の本は、私も好きです。
教育は相関関係で語られることが多いけれど、エビデンスに基づく考え方が重要ですよね。

息子の勉強スタイルは?

ソファーの前のリビングテーブルで勉強しています。
ちなみに我が家はダイニングセットを断捨離してしまったので、食事をするのもこのテーブルです。

一時期、学習机をリビングを持ってきてみたのですが、結局使いませんでした。
学校や塾(今は通っていないけど)では机と椅子で勉強するので、自宅では他の体勢のほうが集中できるそうです。
勉強っていってもずっと書いているわけではないので、ソファーに寄りかかったり、寝転がったり、好きなスタイルでやっていますよ。

リビング学習の欠点は?

姿勢が悪くなりやすいことと、照明の明るさが足りず、視力が悪くなりやすいこと。
それから特にテスト前は、リビングにいろんなものを持ち込むので散らかります。
好きな時間にテレビがみられないのがいやな方もいるかもしれませんね。

大切なのはお互いの自立

親がずっと勉強を見張っているような状態では、子どもにとってリビング学習はただツライだけです。
また、つきっきりで勉強を教えてもらうのが当たり前になってしまうと、自考力が身につきません。

別のことをしつつ、ときどき学習状況をチェックし、わからないことがあったら気軽に質問できるような状態を作るのがベストです
同じリビングという空間にいながらも、お互いに程よい距離感を保つことが重要だと思います。