My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

担任の先生から学ぶ、論理的な感謝の言葉。

Sponsored Link

息子が通っている学校は、いわゆる私立難関中学と言われるところです。
そのため、先生方も頭のいい出来るタイプが多く、論理的にお話が出来る方が多いです。

ところが今の息子の担任の先生(女性)は、話があっちこっちに飛んでしまい、決して論理的に話を組み立てるのは、得意ではないようです。

でもこの先生は、他の先生よりも圧倒的に素晴らしいところがあると思うんです。

それは、「感謝の気持ちを伝える能力」。

f:id:jfhappy:20180219110558j:plain


「〇〇君は、いつも穏やかに過ごしていらっしゃるので、クラスの雰囲気を良くして下さっています。感謝しています。」

とか

「〇〇君が、リーダーとしてクラスを引っ張って下さったおかげで、クラスが一致団結し、スムーズに準備をすすめることができました。ありがとうございます。」

なんて言葉が、スラスラ~っとよく出てくるんですよね。

そして、私はふと気づいてしまったんです。

確かに全体の話の流れは決して論理的ではないのですが、感謝の気持ちは「〇〇なので△△だ。」ときちんと論理的に説明しているってコトを。

論理的な話し方ってやっぱり大切ですね。

話下手な私。
感謝の気持ちだけでもいいから、論理的に伝えられるように努力していきたいと思います。