My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

東京23区内で気軽に楽しむ、ブルーベリー狩り。

週末、都内でブルーベリー狩りをしてきました。

東京って、意外とブルーベリーを栽培しているらしく、生産量はなんと国内第1位なんだとか。

ビックリ!

都内といっても、もちろん都心で生産されているわけではなく、大抵は西のほうの23区外なのですが・・・。

 

23区内でもブルーベリー狩りできます

練馬区などの23区内でも、ブルーベリー狩りができる場所がいくつかあるようです。

今回、私が行ってきたのは、葛飾区にある柴田観光農園さんです。

 

ブルーベリー観光農園|葛飾区公式サイト

 

東京の最北東にある、常磐線金町駅からバスで10分ほどのところにある、とってものどかな場所。

千葉大学園芸学部と農家さんとの連携によって、ブルーベリーの栽培をしている農園なんだそうです。

今年の開園日は、7月6日(土)~9月1日(日)の土日、午前10時~12時、雨天中止です。

(意外とハードルが高い!)

 

f:id:jfhappy:20190729124009j:plain

 

早速、ブルーベリーを摘み取り

入園料は無料で、入るときにバケツをもらいます。

食べ放題ではなく、摘み取ったブルーベリーを100g=300円でお持ち帰りできます。

 

ブルーベリーにもたくさんの種類があり、コチラの農園には8種類の木があるそうです。

それぞれ味が違うので、味見する程度なら食べてもOKとのこと。

甘いもの、酸っぱいもの、いろいろありますが、どれもみずみずしくておいしい!

 

最初は、甘いのを1種類、集中して摘み取るつもりでしたが・・・。

試食しているうちに、酸味があるのもまたおいしいね。

なんてことになり、結局、いろんな種類がごちゃ混ぜになりました。

 

f:id:jfhappy:20190729122626j:plain

 

ついつい止まらなくなり、約1時間でバケツにいっぱいになりました。

ちょっとがんばりすぎたかも?

 

恐る恐る計量に行くと・・・。

1,150g!

なんと1kg超えてしまいました。

3,450円のお支払いです。

 

お持ち帰りしたブルーベリー

たっぷりと、4箱になりました。

1箱は実家におすそ分け。

 

f:id:jfhappy:20190729122300j:plain

 

ヨーグルトにのせてみたり。

 

f:id:jfhappy:20190729122306j:plain

 

ブルーベリーシロップをつけてみたり。

 

f:id:jfhappy:20190729122254j:plain

 

以前に漬けた、梅シロップがなくなる頃には出来上がりそう。

楽しみ~。

 

それにしても1kgもあったはずなのに、生でパクパク食べてしまったせいか、冷凍保存する分がなくなってしまいました。

もう1回行ってこようかな。

 

ブルーベリー狩りは、小さなお子様にオススメ

ブルーベリーの実は、低い位置に実が生っているし、食べごろも分かりやすいです。

りんごや梨や桃などに比べて実が小さく、簡単にたくさん摘み取ることができるので、楽しいですよ。

そのため、小さなお子さま連れのファミリーが多かったです。

夏休みの近場のお出かけに、オススメです。