My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

MUJIのアクリル冷水筒を使うのをやめた理由。

暑くなると、冷蔵庫に作っておいた麦茶があっという間になくなりますね。

ここ2~3年、MUJIのアクリル冷水筒の1lのと2lのを1本ずつ使っていましたが、1週間ほど前から使うのをやめました。

 

MUJIのアクリル冷水筒は洗いにくい

私の洗い方が雑っていうのもあるのですが、気がつくとものすごく汚れてる!

普段、麦茶を入れて、上から見ていると分からないのですが、洗ってひっくり返すと・・・。

 

すみっこの黒カビが気になります。

 

f:id:jfhappy:20190531100202j:plain

 

ふたの黒カビ(特にパッキン)も気になります。

 

f:id:jfhappy:20190531100201j:plain

 

一応、108円で替えのパッキンがあるのですが、店頭で見たことも、ネットショップで売っているのも見たことがありません。

そのため、店員さんにお願いして、取り寄せてもらわなければなりません。

正直なところ面倒くさいです・・・。

 

それから、麦茶パックを入れるかご。

こちらは、本当にすぐ汚れるし、洗いにくいです。

 

f:id:jfhappy:20190531100200j:plain

 

漬けおき漂白してみたり、ブラシやメラニンスポンジで洗ってみたり、つまようじで汚れをかき出してみたり・・・。

汚れと格闘するのは、もう疲れました。

 

MUJIのアクリル冷水筒のいいところ

なんだか悪口ばっかり書いてしまったので、いいところも書いておきます。

横置きできる。

プラスチックに比べると、見た目が安っぽくない。

それから、シンプルでオシャレなデザイン。

 

ちなみに、2lより1lのほうが、汚れは気にならないです。

 

とりあえず今はダイソーの麦茶ポット

無印の冷水筒を隅々までキレイに洗う作業を、いますぐにでも放棄したくなってしまったので、ひとまずダイソーで買ってきました。

とりあえず、スリムで、ふたが白くて洗いやすそう。

ただそれだけで選んでみました。

 

f:id:jfhappy:20190531100254j:plain

 

横置きなんてしないし、麦茶パックはそのままドボンといれて、菜ばしを使って救出すればいいや。

よく考えたら、MUJIの冷水筒を買う前は、いつもそうしていました。

 

でも、いかにもプラスチックな見た目や質感は、やっぱり好きになれません。

軽くて、洗いやすくて、丈夫で、できればガラス製で、見た目がシンプルな麦茶ポットを、のんびり探そうと思っています。

たまには合羽橋にでも遠征に行こうかな?