My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

暑い夏に向けて、梅シロップを仕込みました。

スーパーにお買い物に行くと、梅酒のビンが目立つようになりましたね。

見ていたら、ふと、何年かぶりに梅仕事をしてみたくなりました。

 

でもお酒はもう1年半近く飲んでいません。

(コーヒーも小麦もやめられないけれど、お酒は簡単にやめられました。)

よし、それなら梅シロップを作ろう!

 

まずは下準備 

①水でキレイに洗ってから、キッチンペーパーで水分をふき取ります。

 

f:id:jfhappy:20190530091737j:plain

 

②竹串で、ヘタを優しく取り除きます。

 

f:id:jfhappy:20190530092033j:plain

 

③梅を冷凍庫で一晩凍らせます。

 

f:id:jfhappy:20190530091736j:plain

 

ヘタを取るときに、竹串がないのでつまようじを使ったのですが、先っぽがすぐにつぶれてしまい、取りにくかった・・・。

竹串の素晴らしさを改めて知りましたよ。(でもわざわざ買わない。)

 

梅は凍らせることで繊維がこわれ、梅のエキスが早く出るそうです。

面倒くさかったら、凍らせなくても作れますよ。

 

ビンの消毒も忘れずに

ビンは煮沸消毒代わりに熱湯を入れて、乾かしました。

その後、念のためパストリーゼをシュッとスプレーして、アルコール除菌。

キッチンペーパーでふき取りました。

 

 

梅シロップの作り方は簡単

材料

梅 1kg

砂糖 1kg

 

作り方

①梅、砂糖、梅、砂糖と交互に入れていきます。

 

f:id:jfhappy:20190530091735j:plain

 

②1日1回、ビンを振って混ぜます。

 

ちなみに、きび砂糖を使っていますが、白砂糖でも三温糖でも氷砂糖でもいいですよ。

(健康のためと、塩と間違えないように、我が家はいつもきび砂糖。)

 

梅シロップ、仕込みから3日目の様子

本日、仕込んでからすでに3日目。

だいぶお砂糖が溶けて、液体状になってきました。

 

f:id:jfhappy:20190530091734j:plain

  

セラーメイトのビンを使いました

実は、もう梅を漬けることはないだろうと思って、梅酒ビンをだいぶ前に捨ててしまい、今回買いなおしました。

でも、おかげで赤い蓋のいかにも梅酒!なビンから、セラーメイトのシンプルでオシャレなビンに買いかえられました。

 

1kgの梅を梅シロップにするには、3lのビンが必要。

でもあえて、2lと1lのの2本に分けることにしました。

 

毎年漬けていた頃は、梅以外は杏とかかりんとかしかお酒やシロップにできないと思いこんでいましたが・・・。

最近のオシャレな方々はいろんなフルーツを漬けてますよね。

私もマネして、気軽にちょこっと楽しめるように、あえて小さなビンを買うことにしました。

 

さいごに

梅シロップの出来上がりは、漬けてから2週間後くらいです。

おいしくできるといいな。

楽しみです。