My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

「部屋の統一感」よりも「心地よさ」を重視してみる。

ベッドから、フローリングにマットレスを直敷きして寝るようになりました。

床に寝る安心感と、一人当たりの面積がシングルサイズと広くなったことで、以前よりも熟睡できるような気がします。

平成の最後に、思い切ってベッドを処分して、本当によかった!

 

www.jfhappy.net

 

 

さて、マットレスの購入と同時に、ボックスシーツと枕カバーを買いました。

夫の分と私の分。

お値段以上であることを願い、お手頃価格のニトリで購入しました。

 

お揃いのカバーをやめてみる

以前なら、お揃いのカバーをつけて、部屋に統一感を持たせようと考えていたところですが・・・。

今回は色も素材も別のモノを買いました。

なぜかというと、素材に対してお互いに求めることが違うから。

 

男性、そしてメタボ体型の夫は、ひんやりとした気持ちよさを求めます。

そのため、Nクールのものにしました。

ネット限定品で、ボックスシーツと枕カバーの2点セットで、2,306円(税抜)。

お色は、モカって書いてあったけれど、グレーっぽく見えます。

 

f:id:jfhappy:20190426094835j:plain

 

そして、私は素材重視で、天然素材のものが好き。

ということで、コットンリネンのカバーにしました。

麻が15%入っているので、サラッとした肌触りです。

ボックスシーツが1,843円で、枕カバーが555円。

お色はベージュです。

 

f:id:jfhappy:20190426094830j:plain

 

違うカバーにしてよかったコト

洗濯しても誰のカバーなのか一目瞭然。

間違えて夫の枕カバーをつけちゃったなんてことは、もう絶対に起きません(笑)

 

そしてなによりも、睡眠の質を上げたかったのです。

1日の4分の1(理想は3分の1だけど。)を過ごす場所ですから、個人個人にあったものを使ったほうが、しっかり熟睡できて、満足度が高いのではないかと思いました。

ついでに、これから始まる夏のエアコンの設定温度問題が、少しでもマシになるといいのですが・・・。

 

見た目の違和感は、意外とない

モカとベージュという、どちらもシンプルな色合いのせいか、思っていたほど見た目の違和感はありませんでした。

掛け布団カバーが同じだからということもあるのかもしれません。

(今までもベッドはワイドダブルでしたが、掛け布団や毛布などは奪い合いにならないように、シングルをそれぞれ使っていました。)

 

f:id:jfhappy:20190426094839j:plain

 

あまりにもバラバラな色柄は、イライラして落ちつかなくなりそうだけど・・・。

そもそもシンプルなモノしか選ばないので、お揃いにして見た目をスッキリさせることに、必死にこだわらなくてもいいのかなと、ふと思いました。