My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

LINEをしない高校生の息子。

入学&進級シーズン。

お子さんから「スマホ買って!」とおねだりされている方も多いのでは?

ということで、今日はLINEの話。

 

もうすぐ高校2年生になる息子にスマホを持たせてから、3年ちょっとが経ちました。

当時、スマホがほしいとは一言も言っていませんでしたが、ガラケーから買い替えました。

 

息子の携帯遍歴

我が家は、塾通いを始める小学3年生の2月に、ガラケーを与えました。

電車で通塾していたので、何かあったときのために持たせましたが、小学生時代はお友達と連絡先を交換したりはしていませんでした。

中学生になってからも、電源を切ったままバッグに入れっぱなしのことが多かったです。

 

2年縛りを2回、つまり4年使ったところで、スマホに買い替えることにしました。

家族みんなで格安スマホにして、OCNモバイルONEのsimを使っています。

自宅のネット回線や電話も、OCNでまとめていますよ。

 

スマホを持っているのにLINEしていません

LINEしちゃダメだなんて一言もいっていないのですが、いまだに息子はLINEをしていません。

「クラスラインとか入ってなくて、大丈夫なの?」って、1年に1回くらい聞いてみるのですが、

「しらね、大丈夫じゃね?面倒くさいし。」と返されます。

屋外で行う運動部だと、休日の練習や試合の際の雨天中止などの連絡網として使われるようですが、息子は文化部なので関係ないみたい。

 

家に帰ってスマホをいじっていることは、ほぼありません。

充電も2~3日に1回しかしていないから、ほとんどスマホを使っていないと思われます。

 

学校でいじめられたりしていないか、心配になる

世の中の親は、子どものスマホの使いすぎで悩んでいる人が多いというのに、我が家の場合、学校に馴染めているかどうか不安になります。

休みの日もたまーに遊びに行くくらいで、ほとんど家にいるし・・・。

でも、担任の先生に伺うと、大人しい子グループの中で楽しく穏やかに過ごしているようです。

 

息子の通う学校は、自分で考え行動することや、他人の意見を尊重することを、ものすごく大事にしているように感じます。

そのため、LINEしていなくても大丈夫な空気なのかもしれません。

 

f:id:jfhappy:20190315175537j:plain

 

学校とプライベートをきっちり分ける

息子はONとOFF、つまり学校とプライベートをきっちり分けたい人間なんだと思うことにしました。

幼い頃から、普段は自分の意見を述べず、他人に流されやすいタイプに見えるのですが、ここぞというときには自分の軸をしっかり持って、発言もできる子です。

いつも自分のペースを貫ける息子のこと、母親である私も尊敬しています。

 

小さいうちから慣れさせなければ、時代についていけなくなるのでは?っていう人もいるけれど。

息子は普通にワードとエクセル使ってレポートも書くし、学校ではパワポを使って発表とかしてるし、ちょっとした動画やHPなんかも作っていました。

スマホを使っていなくても、PCはそこそこ使いこなせているようです。

自宅でのちょっとした調べものは、リビングにあるiPadを使っていますよ。

  

うちはうち、よそはよそ

最近は小学生でもLINEしている子が多いと聞きます。

でも、それって本当に必要ですか?

LINEしていないからって仲間はずれにするような子は、そもそも友達とは言えないし、むしろ距離をおけてラッキーなのではないかと思います。

 

スマホは便利な反面、ダラダラといじっている時間って、なんて人生のムダなんだろうと感じます。

みんなが持っているから。

みんなやってるから。

その言葉に流されずに、毅然とした態度で子育てに臨むこと、親自身も自分軸で生きること。

もっと大切にした方がいいんじゃないかなと感じる、今日この頃です。