My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

防災用品を5分で見直す。

昨日で、東日本大震災から8年が経ちましたね。

息子と同世代の子どもたちのために、Yahooネット基金からTポイントを少しだけですが寄付しました。

1日も早い復興と、心穏やかに過ごせることを願っています。

 

防災用品は年2回見直します

我が家では、東日本大震災の3月11日と関東大震災の9月1日の前後に、防災用品の見直しをするようにしています。

最近ちょっぴり忙しい日が続いているのですが、今やらないと忘れてしまいそう。

ということで、とりあえず賞味期限や消費期限がある、お水や食料品、お薬だけチェックして入れ替えました。

せっかく防災リュックを持って避難しても、開けてみたら賞味期限切れでは意味がないですからね。

 

OUTしたもの

f:id:jfhappy:20190311152526j:plain

 

ほぼお水で、次回の見直しの9月まで持ち越せないものが、10リットル近くありました。

あとはアメリカンな非常食。

果たしてどんなお味なんだろう・・・。

 

INしたもの

備蓄用のお水以外は、基本的には買いません。

賞味期限が半年以上先で、日常では消費しなそうないただき物を、とりあえずリュックに詰め込むようにしています。

自宅で過ごせる場合は、ローリングストック法というか、家にある食料(ただ単に買いだめしすぎかも?)でなんとかするつもりです。

 

f:id:jfhappy:20190311152522j:plain

 

全部いただきもの。

今回は、お水とお茶のペットボトルと、非常食のビスコとアルファ米を入れました。 

ペットボトルは大きいものは備蓄用として棚にしまって、500ml以下はリュックに入れています。

ついでに、うっかりもらってしまった割り箸やスプーンと、試供品の胃腸薬も。

 

備蓄用のお水のペットボトルが3本しかなくなってしまったので、今度たくさん買ってこなきゃ。

重いからネットでまとめて買おうかしら?

  

『天空の蜂』を今更ながら読みました

東野圭吾作品は好きなのに、なぜか今まで読んでいなかった本。

実家からもらって帰ってきたものの、文庫本なのに分厚くて持ち歩きにくいからか、なんとなく手が伸びませんでした。

 

福島の原発事故よりずーっと前に書かれているのにも関わらず、ものすごくリアルな描写で、改めて原発のあり方について考えさせられました。

たしか、何年か前に映画化もされていましたね。

オススメです。