My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

思い出の詰まったランドセル。手放すなら、捨てないで寄付しよう!

この春、お子さんが小学校を卒業する方。

すでに小学校を卒業していて、ランドセルを断捨離したいと考えている方。

使わなくなったランドセルは、どうやって手放しますか?

 

ランドセルって、思い出がたくさん詰まっているので、なかなか処分する勇気が出ないもののひとつ。

でも小学校を卒業したら、まず活躍することのないアイテムですよね。

 

使わなくなったランドセル、どうする?

私も、現在高校1年生の息子の、小学校卒業を目前に控えた4年前、ランドセルをどうしようかなと考えました。

候補にあがったのは、以下の3つでした。

 

捨てる

ゴミの日にポイッと出すだけ。

一番簡単な処分方法ですね。

 

リメイクする

ミニランドセルにリメイクしてくれる工房は、以前からよくありますね。

最近は、お財布やキーホルダーなどにリメイクしてくれるところも増えています。

 

寄付をする

海外の子どもたちに寄付して、これからも活躍してもらうという、エコで、素晴らしい方法。

 

f:id:jfhappy:20190222171939j:plain

 

ランドセルを寄付することにしました

息子のランドセルは、土屋鞄のものだったので、まだまだキレイで十分使えるものでした。

最近のラン活なんてミーハーなカンジではなく、たまたま工房が近くて評判がよかったから、土屋鞄にしただけなのですよ。

 

大切な牛の命をいただいて、丁寧に作られたランドセル。

私には捨てることはできず、どこかでまた誰かに使って欲しいと思い、寄付することにしました。

 

ネットで探してみると、海外の子どもたちにランドセルを送る活動をしている団体をいくつか見つけることができました。

ところが、国内の送料と海外の送料の両方を負担しなければならなかったりして、2,000~3,000円ほどの費用がかかるところばかり。

 

寄付することは良いことではあるのですが、値段が高すぎる!

できた人間ではないので、正直なところ、そう思ってしまいました。

 

我が家のランドセルは、クラレに寄付しました

そんな中、お手頃なお値段で寄付できる団体を見つけました。

クラリーノを開発したクラレで、毎年行われている、「ランドセルは海を越えて」キャンペーン。

横浜までの送料のみで、ランドセルを寄付できます。

 

www.omoide-randoseru.com

 

ノートやえんぴつ、消しゴム、クレヨンなどの文房具をランドセルに詰めて、一緒に送ることができます。

寄付したランドセルは、アフガニスタンの子どもたちにプレゼントされるようです。

 

注意していただきたいのは、

  • 宗教上の理由で、豚革のランドセルは寄付できないこと
  • 寄付できる期間が限られていること

 

我が家の場合、卒業式の翌日から旅行に行ったので、卒業式当日にお別れすることになりました。

 

去年は8,000個のランドセルが、旅立ったそうです。

お近くにお住まいの方は、検品や梱包などのボランティア活動に参加することもできますよ。

 

さいごに

今も誰かがランドセルを使ってくれているのかな?と思うと、うれしく思います。

もしかしたら、知り合いにあげたり、メルカリで売ったりすることもできるかもしれません。

でも、もし捨てるというのであれば、寄付することをご検討いただければ幸いです。