My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

中高保護者のランチ会。1年間行かなくてもなんとかなりました。

中学、高校の保護者のランチ会やら飲み会を苦手とし、今年度からついに行くのをやめてしまった私。

お誘いを受けるたびに、いつもお断りする私ってなんてひどいやつなんだと、心のどこかではまだちょっと思うときがあります。

 

先日、この記事を書いていたときに、ふと思ったのですよ。

そういえば、幼稚園とか小学校のママ友ランチや飲み会は、全然平気だったんだよね、と。

 

www.jfhappy.net

 

中高の保護者の集まりが苦手な理由

一体なにが違うんだろうと、改めて考えた結果、答えは意外とシンプルでした。

 

同じテーブルに座っている方がA君のお母様ということが分かっても、そもそもA君のことを私は全く知らない。

だから、話にいまいち興味が持てない。

 

根本的な理由は、コレだけ。

 

子どもが運動部に入っていて、大会の応援に行く。

みたいなことが、文化部の我が家にはなかったので、入学して4年が経ちますが、本当によそさまのお子さまのことがわかりません。

 

f:id:jfhappy:20190207161330j:plain

 

幼稚園や小学校と中学高校の違い

幼稚園、小学校時代は、保護者が学校や園に訪れる機会がなにかと多いですよね。

そのため、お子さんとお母様のお名前とお顔がほとんど一致していたし、学校ではどんなお子さんなのかとか、知っていました。

住んでいる地域も一緒だから、会話のネタもいっぱいあるんですよね。

 

ところが、知り合いが誰1人いない、遠くの私立中学に入学。

中学生、高校生男子が、「今日は学校でこんなことがあったよ。」なんていう話を、どのお宅もしてくれません。

息子も反抗期はありませんでしたが、そういった話は面倒くさがります。

 

同じ学校の同じクラスの子どもの母。

という共通点は一応あるのだけど、お互いによく知らないという、微妙な関係。

その結果、「部活は何部?」「塾通ってます?」というような当たり障りのない会話ばかりで、いまいち楽しめません。

でも、人見知りの私には、それを打破するようなネタを提供する能力もありません。

 

ランチ会に行かなくても困らなかった

ワクワクしない、しかも重要度が高くない集まりには、極力行かない。

そう心に決めて、もうすぐ1年になります。

 

保護者のランチ会や飲み会に1度も参加せずに、1年が終わろうとしています。

先日も保護者会に行ってきましたが、同じテーブルになったお母様と、その場限りの会話を楽しんできました。

お話しする時間が短いせいか、ランチ会に比べて、だいぶ気分が楽でした。

 

ランチ会に行かなかったからといって、奇異な目で見られることはないし、特に困ることはありませんでした。

よく考えれば、お互いにいい大人なんだから当然で、今まで周りの目を気にしすぎただけなのかもしれません。

(こういうところが、HSPっぽい。)

保護者会や面談など、先生のお話が聞ける機会だけ参加すれば、十分だと感じました。

 

www.jfhappy.net