My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

まるで本物!?『吉村芳生 超絶技巧を超えて』

先日、皇居に行く前に美術館に行ってきました。

 

www.jfhappy.net

 

秋篠宮様のご発言で話題の大嘗祭は、こちらの東御苑で行われるみたいですね。

 

東京ステーションギャラリーでただいま開催されている『吉村芳生 超絶技巧を超えて』。 

東京駅の丸の内北口改札を出て、すぐのところにあります。

(建物内だから駅構内っていうのかな?)

 

www.ejrcf.or.jp

 

今回、はじめてこの画家さんを知ったのですが、とにかくすごかった!

とんでもなくマメな方で、あまりにも緻密すぎる作業なのです。

 

1年間、毎日、新聞の1面に書き続けた自画像。

大きく口を開けて笑っていたり、険しい顔つきだったり、変顔をしていたり。

そんな表情豊かな顔が描かれた新聞が、壁一面に並ぶ様子は、圧巻でした。

 

ほかにも、コレ。

分かるかな?

 

f:id:jfhappy:20181130090646j:plain
 

なんと、手書きで一文字一文字、丁寧に書き写した新聞なのです。

まさかの新聞まで、再現してしまうとは、恐ろしすぎます。

 

それから、小さなマス目に数字が書いてありますよね?

 

f:id:jfhappy:20181128215324j:plain

 

0→1本、1→2本と、0から9の数字に対応する線を、各マス目に引いていきます。

線の本数によって、濃淡ができるのですね。

 

f:id:jfhappy:20181128215330j:plain

 

すると、このような写真のような絵が誕生するのです。

 

f:id:jfhappy:20181128215334j:plain

 

これなら、絵心のない私でも書けるかな?

いや、単純作業は比較的得意な方だけど、気が遠くなりそうな作業です。

 

晩年は、色鉛筆を使ったお花の作品を描いていました。

横に数メートルあるような、大作もたくさん。

遠くから見ると、本当に写真のようで美しかったです。

 

展示期間は、2019年1月20日(日)まで。

新たなアートとの出会いは、楽しいですね。