My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

「断捨離」に疲れてしまった。

私はあんまりテレビは観ない方だし、ましてやNHKの『あさいち』なんて番組は観たことはないのですが。

1週間ほど前のゲストが勝間和代さんで、どうやらやましたひでこさんを愛する方々の逆鱗に触れているようですね。

 

私が個人的に思うことなのですが、「ちたいもの」「てたいもの」「れたいもの」って、人それぞれ違いますよね。

大きく分けると、モノを軸に考える人、時間を軸に考える人に分かれると思うのです。

今回でいうと、前者がやましたさん、後者が勝間さん。

 

とにかくモノの数を減らして部屋をスッキリさせたいっていう人がいてもいいし、とにかく時間を有効に使いたいっていう人がいてもいい。

例えば、雑巾ひとつで掃除できる方もいれば、掃除は苦手だから用途に合った便利な洗剤に頼りたい人もいますよね。

定期的にプロにお任せしちゃうのも、憧れます。

 

f:id:jfhappy:20181002170314j:plain

 

勝間さんの場合は、自宅でおいしい料理を食べるためには、手間隙かけて作らなければならないという思い込みを、見事に捨てた方だと思っています。

ときどきブログを拝見させていただいていますが、とにかくたくさんの調理家電に囲まれた、近未来的なキッチンなのです。

 

でもいつも健康に気を使い、玄米や全粒粉、お豆、そしてたくさんのお野菜などを使った、おいしそうなヴィーガン料理ばかりです。

材料をカットして、スイッチを押すだけで、ほったらかしで作れちゃうんだと思うと、私もホットクックが思わず欲しくなります。

 

ここ最近、やましたさんの考える「断捨離」の世界とは違う考え方をする人が出てくると、

「『断捨離』は先生の商標登録よ!勝手に使わないで!」

っていう方々が、ワサワサと出てきます。

 

私は「断捨離」という言葉のパワーがものすごく好きで、ブログの中でもついついよく使ってしまうのですが、

そういうピリピリした様子をネット上で見ていると、すごく残念に思えるし、気軽に使うのが恐ろしくなってしまいます。

個人のブログとはいえ、一応アドセンスさんからわずかながらの収入を得ていますからね。

 

「断捨離」に代わる言葉って、一体なんだろう。

処分?片付け祭り?大掃除?

それともシンプルに「捨てる」とか「やめる」かしら?

私にはいまいちピンと来るものがありません。

 

お2人とも両極端すぎて、正直なところ、私はどちらもマネできないし、しっくりこないのでマネしようとも思いません。

私は私なりの、居心地の良い状態を作っていきたいと思います。