My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

『悩まない-あるがままで今を生きるー』

Sponsored Link

久しぶりに、矢作直樹さんの本を図書館で借りて読みました。

著者はお医者様、しかも東大医学部の教授をされている方なのですが、そんな雰囲気を全く感じさせない方。

もちろん良い意味でね。

 

魂とか、神様とか、死後の世界とか、エネルギーとか、波長とか。

西洋医学の世界の方なのに、そういった非科学的といわれるような話を、いつも穏やかな語り口で書かれています。

多くの患者さんの生死と、真摯に向きあってきたからこそ、こういった視点で人生を考えられるのでしょうか?

 

幸せも不幸せも受け止め方しだい

今を上質な時間にしたのなら、過去は記憶に留めつつ、今この時を大事にしてください。

願う未来は、今を大事にすることから生まれます。

 

幸せも不幸せも、自分の心のあり方しだい。

ついつい過去に目を向けてしまいがちですが、そこにこだわることはせず、現在の自分がどう受け止めるのか、視点を変えて、俯瞰してみることが大事。

過去から学ぶこともあるけれど、そこに執着せずに、守るべきものと手放すものを区別しないと、いつまでも前には進めませんね。

 

f:id:jfhappy:20180928123453j:plain

 

視点を変えれば出口が見える

悩みというのは、「視点が固定」された状態です。

視点が固定してしまうと出口が見えません。

視点が複数に広がる、つまりいくつもの視点が持てるようになると、いつの間にか解決策が浮かびます。

自然はそのためのトレーニングの場を与えてくれるというわけです。

 

大自然の中にいると、人間なんてちっぽけな存在に感じます。

悩みがあるとき、イライラしているときは、いったんその場から離れてみて視点を変えてみる。

自然のなかでなくても、外でお散歩したり、なにかを食べに行ったりするだけで、客観的に物事をとらえられるようになりますよね。

 

直感を信じる

私たちは正直に行動することが大切です。

カッコつけるとか、隠蔽するとか、嘘をつくとか、自分を装ったところで結局は誰の学びにもならないからです。

私たちは他人に嘘はつけても、自分には嘘をつけません。

 

やりたくないとか嫌だと感じているのに、誰かのためとか世間体を気にして行動するから 、本当の自分自身の心とのギャップが生まれ、精神的につらくなる。

自分の心の声に耳を傾けて、選択することは大事ですね。

 

さいごに

物事に執着せずに、あるがままを受け入れる。

大切なのは、今をどう生きるのか。

今の自分の気持ちに正直に生きていけば、きっと悩みは消えていくハズ。