My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

無料で楽しめる、サントリーホールのオルガンコンサート。

いつか行ってみたいと思いながら、ずっと行かなかった場所に、やっとのことで行ってきました。

赤坂にあるサントリーホール、しかも大ホールで行われている、パイプオルガンのコンサート。

月に1回、木曜日のお昼に行われていて、なんと誰でも無料で聴くことができるのです。

チケットの予約も必要ありませんよ。

 

www.suntory.co.jp

 

お時間は、12:15~12:45の30分間です。

12:00開場ということで、ちょっと早めの11:45に到着しました。

ホール前には、すでにたくさんの方々が並んでらっしゃいました。

でも開場時間の頃には、この3~4倍並んでいたように感じます。

 

f:id:jfhappy:20180913161021j:plain

 

パイプオルガンは2階にあるので、なるべく近い、2階の舞台脇のお席に座りました。

向かって右側は譜めくりの方がいらっしゃるので、左側の方が手元が見やすくオススメです。

外では大行列だと思っていたけれど、中に入ってみると、半分以上の座席の余裕がありました。

 

演奏途中の入退出もOKのようです。

お昼休みのサラリーマンやOLさんも、意外と多かったです。

小さなお子様連れの方は、お隣の小ホールの大型スクリーンで楽しめるようですよ。

 

今回の曲目は、

J. S. バッハ:幻想曲とフーガ ト短調 BWV 542 
アラン:『小品』 
デュリュフレ:『アランの名による前奏曲とフーガ』作品7

でした。

 

はじめて近くから見ましたが、鍵盤の脇の黒っぽいポチポチが出たり引っ込んだりと動くんですね。

そして、鍵盤がなんと黒いのです。

足元も常になんだか忙しそうでした。

ピアノとは全然違う楽器ですね。

 

優雅なお昼のひとときを過ごすことができました。

パイプオルガンの荘厳な響きと、壮大で神々しいビジュアルが、とにかく素敵でした。

もっと早く行けばよかったと、ちょっぴり後悔。

また行こうっと。

 

ちなみに次回の公演は、10月4日(木)です。