My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

近視の治療法。最近はいろいろあるらしい。

Sponsored Link

息子が突然、「眼鏡がボロくなったから買い替えたい。」と言い出しました。

今の眼鏡は小学校の終わりに買い替えたものなので、かれこれ3年半くらい使っています。

確かによく見ると、フレームが剥げている箇所がありました。

 

ということで、眼科で視力をちゃんと測ってもらってから、眼鏡を買いに行こうということになりまして。

いつも通っている眼科のお盆休みを、ネットで調べようと思ったら・・・。

まさかの1ヶ月ほど前から休診中。

先生、ご病気とかなのかな?

 

いつ再開するか分からないし、夏休み中に眼鏡を作りたかったので、最近できたばかりの眼科に行ってみました。

視力はほとんど落ちていないようで、「今の眼鏡でもギリギリ見えるけれど、買い替えるなら1段階下げた方がいいね。」とのこと。

あとで処方箋を見てみたら、顔がでかくなったようで、幅も広くなっていました。

やっぱり買い替えることにしてよかった。

 

それにしても、近視の矯正って、眼鏡やコンタクトをするか、レーシック手術を受けるかくらいしか知らなかったのですが・・・。

最近はいろいろな治療法があるのですね。

パンフレットを2種類いただいてきたので、ちょこっとだけご紹介。

 

f:id:jfhappy:20180818131506j:plain
 

お子様の近視進行を抑制「Myopine(マイオピン)」

アトロピンという成分を0.01%配合した点眼薬で、小児期の近視の進行を60%軽減してくれるそうです。

シンガポール国立眼科センターの研究に基づいて開発。

毎日、就寝前に目薬を点眼するだけなら、お子さんでもお手軽できて、よさそうですね。

保険適応外なので、月3,000~4,000円ほどかかるみたいです。

 

息子はすでに近視の進行が緩やかになったので、今更感がありますが・・・。

眼鏡をかけはじめた頃は近視がどんどん進むので、併用するといいのかもしれません。

 

夜コンタクトをつけて寝るだけ「オルソケラトロジー治療」

特殊なデザインが施された高酸素透過性ハードコンタクトレンズ。

就寝時にコンタクトを装着して寝るだけで、なんと昼間の視力が改善し、裸眼で過ごすことができるそうです。

こちらも保険適応外なので、15万円前後かかります。

 

未成年は、有効性・安全性が確立していませんって書いてあったので、今のところはやらないけれど、将来的にはいいかも?

息子はコンタクト入れるのが怖いから、眼鏡でいいと言っていますが・・・。

 

保険適応外のものなら、今はいろいろな近視の治療法があるのですね。

いつもと違う眼科に行ってみたことで、新たな発見。

ちなみに私は、視力がいいので裸眼です。