My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

『未来の年表』日本の少子高齢化の本当の恐ろしさを知る。

Sponsored Link

自分で読む本は、基本的には図書館で借りる派ですが・・・。

息子の学校のレポートにも役に立ちそうな内容かなと思い、珍しく購入しました。

 

少子高齢化は思っている以上に深刻そうだ

これからの時代は、AIやらロボットやらが、仕事をしてくれるようになるから、労働人口が減ってもちょうどいいんじゃない?

移民も女性も高齢者も、そんなに活躍させなきゃいけないの?

なんて呑気に考えていたんですけどね。

この本には、将来の日本の姿が具体的に書かれていて、これからの日本のやばい状態がヒシヒシと伝わってきます。

 

f:id:jfhappy:20180727111807j:plain

 

人口減少カレンダー

特に怖いなと思った年をいくつかあげてみます。

 

2020年 女性の2人に1人が50歳以上となり、出産可能な女性数が大きく減り始める。

2024年 3人に1人が65歳以上、団塊世代がすべて75歳以上となる。

2026年 高齢者の5人に1人が認知症患者(約730万人)となる。

2027年 輸血用血液が不足し、手術や治療に影響が。

2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える。

2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる。

2035年 男性の3人に1人、女性の5人に1人が生涯未婚に。

2039年 死亡者数がピークを迎え、火葬場不足が深刻化。

2040年 団塊ジュニア世代がすべて65歳以上に。自治体の半数が消滅危機。

2042年 高齢者人口が約4000万人とピークに。

2045年 東京都民の3人に1人が高齢者に。

2053年 総人口が1億人を割り込む。

 

2年後の東京オリンピックで浮かれている場合ではないですよ。

10年以内に危機が目白押しです。

 

『未来の年表』を読んだ感想

お先真っ暗。

もはや個人レベルではどうすることもできないですね。

政治家さんたちも、モリカケ問題に割く時間があったら、もっと日本の将来について真剣に考えていただきたかったわ。 

 

そろそろ右肩上がりの経済成長を目指すのではなく、マイナス成長になっても人々が豊かに暮らせる社会を目指すべきだと思います。

断捨離とかミニマリストってものが流行っていること、政治家さんたちはご存じないのかしら?

 

いかにこの日本の危機に巻き込まれないようにするか。

やっぱり、海外に投資するとか、移住するとかしないとダメかな?

息子よ、日本でいいよなんて守りに入らないで、世界を目指した方がよい暮らしができると思うよ、母は。