My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

片付けとは、「カタをつける」こと。

図書館で借りてきて読みました。

片付けのマニュアルが書かれた、いわゆる片付け本というよりも、「なぜ人間は片付けるのか」という、どちらかというと精神論的な内容です。

 

片付けってどういうこと?

片づけとは、「カタをつける」こと。

自分の“想い”に決着をつけてこそ、本当に意味での片づけを実現できるのです。

という言葉が、心に響きました。

 

つまり、片付いていない部屋自体が問題ではなく、「もっと片付けなければいけない」という心の問題なのだと。

どんなにモノを捨てて、部屋をキレイにしても、部屋の状態をあるがままに認められない限り、永遠に終わらないのです。

収納上手になっても、自分の本心を隠すのが上手になったにすぎないのかもしれませんね。

 

f:id:jfhappy:20180711113544j:plain

 

片付けられないもの=自分の好きなもの

たしかに、自分の好きなもの、興味のあるものでなければ、わざわざ購入したり、集めたりしませんね。

本が多い=読書が好き、食器が多い=料理が好き、服が多い=オシャレが好き。

片付かないとネガティブにとらえずに、自分の才能とポジティブにとらえたほうが、心が楽になりそうです。

  

最後まで読んでみた感想

中盤のかなりのページにわたる「はづき式数秘術」を活用した片付け法は、正直なところ、私にはしっくりこなかったんですけどね。

序盤の第1章、第2章は、心にスッと入ってくる内容でした。

 

おそらく完全にカタがつく日は、死ぬまでやってこなそうですが・・・。

「まぁこんなもんでよしとするか」と思える日がやってくるように、自分自身としっかり向き合わないといけませんね。