My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

できることなら断捨離してしまいたい窓。

Sponsored Link

荷物を置いて、ただ寝るだけの部屋になっている、息子の部屋。

広さは6畳なのに、大小合わせて、なんと窓が5つもあります。

 

  • 腰高窓(110cm×160cm)、2つ。
  • 小さめの窓(70cm×60cm)、1つ。
  • ロフトの超小さめの窓(50cm×35cm)、1つ。
  • 天窓(35cm×130cm)、1つ。

 

1部屋にこんなにたくさんの窓なんて、いらないんですけど!

子供のころから、ずっとマンション暮らしだった私としては、窓なんて1部屋に1つか2つついていれば十分じゃない?って思ってしまいます。

 

窓が5つもあるせいか、息子の部屋は、真夏のこの時期、エアコンなしでは暑くて暑くて仕方がありません。

寝るときにしか長時間部屋にいることはないので、昼間はエアコンをつけていないのですが、ちょっと洗濯物を仕舞いに行ったりするだけで、汗が出てきます。

 

特にいらないと思うのは、この斜め天井についている天窓です。

(めっちゃ逆光で分かりづらいけれど。)

夏は日差しをすこしでも和らげるために、ダブルガーゼで作ったカーテンを、つっぱり棒でつけていますよ。

 

f:id:jfhappy:20180713112355j:plain 

 

ここ数年、天窓の汚れが気になって仕方がありません。

しかし、この窓は開きません。

つまり、屋根に登らない限り、掃除ができないのです。

 

そんな勇気はもちろんないし、わざわざ業者に頼むのも面倒です。

自分で掃除ができない窓なんて、本当にいらないわ。

 

たとえ窓が開いたとしても、掃除をするためにはしごを持たなければいけないのかと思うとイヤになります。

屋根のリフォームをしたら、なくしてもらうことができるのかしら?

 

今後、注文住宅を建てることがあったら、窓は少なめに。

スクイージーで掃除できる、普通の窓だけにしようと、窓掃除をするたびに思ってしまいます。

ルーバー窓や上げ下げ窓の掃除は、面倒くさいのです。