My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

今年も当たりました!プレミアム商品券。

3年前に良くも悪くも日本中で大反響だったプレミアム商品券。

私が住んでいる自治体では、その後も毎年販売されています。

 

最初の年は、暑い中、大行列に並ばないといけなかったし、しかもその日はちょうど用事があったので、手に入れなかったんですけどね。

次の年から抽選になったので、夫婦2人分、申し込んでいます。

 

プレミアム商品券、GETしました

おととしは1人分、去年は2人分。

そして今年も2人分当たってしまいました。

 

また、実家も去年我が家が2人分当てたと聞いて、今年初めて申し込んだのですが、やはり2人とも当たったそうです。

もしかして、全員当選なのかしら?

 

プレミアム商品券は、大型店舗で使える券が半分、残り半分は地元商店街に加盟しているお店でしか使えません。

使える場所が限られているので、正直なところ使いにくいんですよね。

 

食料品は、基本的に生協で購入派だし。

ネットで買った方が便利で安いものを、わざわざ商品券を使うために買いに行くのもオトクにならないし。

消費生活から片足降りた人間なので、必要ではないものを買うつもりもありません。

 

商品券についつい浮かれて、財布の紐がゆるくなるような、おバカな消費者ではありませんよ。

おかげで去年もギリギリまで使い終わりませんでした。

 

幸い、いつも通っている美容院とドラッグストアで使えるので、商店街でしか使えない券は、この2店でがんばって使います。

(去年も美容院で、20数枚の商品券の束を渡した、迷惑な客。)

もし年末になっても使い切れなかったら、焼肉でも食べに行こうかな。

 

f:id:jfhappy:20180702122641j:plain

 

お金に関する情報を得て、行動することが大切

毎年プレミアム商品券の抽選に当たることで、ふと考えてしまうことがあります。

それは、本当に必要な人はおそらく手に入れていないってこと。

情報弱者なのか、面倒くさいのか、当たらないとあきらめているのか、まとまったお金がないのか。

理由は分からないけれど・・・。

 

正直なところ、私は決してお金持ちではないけれど、「給料日まで節約」とか「貯金が1円もない」なんて悩んだことは、人生で1度もありません。

実家も、「私立は高いから公立に行きなさい」とかいうような家庭ではありませんでした。

 

スーパーの特売日や25日の給料日、年金の支給日などに、スーパーのレジ待ちの長蛇の列に並んでいる方たちは、果たしてプレミアム商品券の抽選に申し込んでいるのでしょうか。

おそらくそうでないから、我が家にも実家にも当選のお知らせがやってくるのだと思います。

お金に関する情報に常にアンテナを張りめぐらせて、行動しないとお金はやってきませんよ。

 

自営業の方は節税意識が高い方が多いですが、サラリーマン世帯は税金取られ放題です。

取りやすい所から取っていきますからね。

 

たったの数千円とはいえ、プレミアム商品券は、いったん納税した税金の恩恵を受けるための手段のひとつです。

貧乏くさいなんていう思い込みを捨てて、たとえ1円でも大切にすることがお金のめぐりをよくするには大切。

ただし、労力よりも入ってくる金額の方が多ければの話ですけどね。

(スーパーのはしごや混んでいる日の買い物なんて、割に合わないからしないわ・・・。)