My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

5人に1人が当てはまる!?敏感過ぎて生き辛い、HSPの話。

Sponsored Link

1年ほど前に「HSP(Highly Sensitive Person)」という言葉を知りました。

アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念で、「小さなことを気にしてしまう、とても敏感な人」のことを言います。

 

他人の気分や周りの環境に過敏に反応してしまい、すぐにぐったりと疲れてしまったり、クヨクヨしてしまったり・・・。

私、子供のころから豆腐メンタル過ぎて、自己肯定感がものすごく低いのです。

 

自分がHSPに当てはまるかどうかを調べるには?

HSPのセルフチェックはは、コチラからできますよ。

Are You Highly Sensitive?

 

27項目中14項目以上該当すると、HSPの可能性が高いそう。

私なんて23個も当てはまってしまうのだから、自分が恐ろしすぎます。

 

実際に診察を受けたわけではないけれど、「自分はおそらくHSPなんだ。」ということを知ることによって、なんとなく腑に落ちたというか、心が軽くなったような気がします。

 

f:id:jfhappy:20180629112842j:plain

 

HSPと思われる私はこんな人間です

大勢の前で発言、発表をするときに、ドキドキがとまらないこと。

電車(特に満員電車)に乗ると、疲れること。

人ごみがとにかく苦手なこと。

携帯やIHなどの電磁波に弱いこと。

他人の苦しみや悲しみに引っ張られやすいこと。

落ち込むと、なかなか回復しないこと。

映画館やコンサートなどの、大きな音が苦手なこと。

人工的な味が苦手なこと。

友達が少ないこと。

周囲の目が気になり、いい人を演じてしまうこと。

多くの犠牲者を出すような残酷なニュースに、どんどん引き込まれてしまうこと。

 

他にも思い当たることがたくさんあるのですが、とにかくあらゆることに神経質すぎて、いつもいっぱいいっぱいだっていうこと。

もうコレは生まれ持った気質であって、完全に克服するのはおそらくムリです。

 

少しでも心をラクにして生きていくためには

自分は自分だし、 他人は他人。

他人の目を必要以上に気にせずに、自分の心を声にしっかり耳を傾けて生きていくことが大切です。

決して自分を「なんてダメな人間なんだろう」なんて責めたりせず、「それでもいいんだよ。」と認めてあげること。

 

いつもプラス思考でいることはできませんが、 プラスの感情を選んで生きていくことはできます。

とりあえず今、何をしたら自分がうれしいのか、癒されるのか。

小さな幸せを積み重ねて、自分らしく生きていけば、それでよし。

 

結局、引き寄せの法則もHSPが楽に生きていくための方法も、行き着くところは、結局同じなんですよね。