My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

池袋から30分。小江戸「川越」に行ってきました。

Sponsored Link

梅雨に入る前に、一人旅に出かけよう!

ということで、昨日は川越に行ってきました。

 

旅番組でよく見かけるけれど、今まで1度も行ったことがなかった川越。

てっきり、秩父とか熊谷とかのちょっと手前くらいの遠い場所だと思っていたけれど、池袋から東武東上線でたったの30分で行けました。

 

縁結びの神様、川越氷川神社へ

川越駅からバスに乗って、まずは川越氷川神社に向かいました。

スサノオノミコトをはじめ、五柱の神々が祀られています。

縁結びの神様で有名な神社ですが、「ご縁」って別に恋愛だけじゃないですからね。

 

www.kawagoehikawa.jp

 

かざぐるまが涼しげでカワイイ。

6月はかざぐるまだけど、7月7日から9月9日までは風鈴が楽しめるそうですよ。

 

f:id:jfhappy:20180606122220j:plain

 

一年安鯛みくじを引きました。

ピンクのあい鯛みくじもありましたよ。

釣り糸を使って鯛を釣るという、ちょっぴり変わったおみくじなのですが、なかなか釣れなくて、2~3分ほどひとりで格闘しました。

 

f:id:jfhappy:20180606122211j:plain

 

ちなみに中吉でしたが、全体的には来たる日が訪れるまで、今は大人しくしていたほうがよいとのこと。

最後に、小さな川に人の形をした和紙を流す、人形(ひとがた)流しもして、心身を清めてきました。

 

川越城本丸御殿でお城の名残を感じる

続いて10分ほど歩いて、川越城本丸御殿へ。

東日本に残っている、唯一の本丸御殿なんだそうです。

入館料は、大人100円。

 

museum.city.kawagoe.saitama.jp

 

f:id:jfhappy:20180606122203j:plain


川越城は、長禄元年(1457年)に築城されました。

現在残っているのは、嘉永元年(1848年)に建てられたものの一部のみです。

当時は17万石もの広さを誇っていたそうです。

 

家老たちの密談の様子が妙にリアルでした。

それから、シンプルながらもお手入れの行き届いたお庭が素敵でした。

 

川越といえばさつまいも。菓子屋横丁で食べ歩き

菓匠右門さんの、あげたての芋けんぴ。

あったかくて、素朴な甘さでおいしかったです。

 

f:id:jfhappy:20180606122154j:plain

 

その後、芋けんぴを食べながら、メイン通りの蔵造りの町並みへ。

長くなったので、続きはまた明日。