My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

旧古河庭園と六義園。GWは庭園巡りをしてきました。

Sponsored Link

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」

 

ゴールデンウィーク中は特に予定がありませんでした。

ダラダラしてばかりじゃダメだ!

ってコトで、5月4日のみどりの日に、旧古河庭園と六義園に行ってきました。

この日はGW中ってだけでなく、入園無料ということもあり、ものすごく混んでいました。 

 

www.jfhappy.net

 

バラの見頃を迎えた、旧古河庭園

まずは、京浜東北線の上中里駅から徒歩7分のところにある、旧古河(ふるかわ)庭園へ。

大正時代に建てられたオシャレな洋館と、洋風庭園が素敵な場所でした。

今年は完成して100年を迎えたそうです。

鹿鳴館やニコライ堂、旧岩崎邸庭園などを手がけた、イギリス人建築家ジョサイア・コンドル氏が設計したものだそうです。

 

f:id:jfhappy:20180507122530j:plain

 

たくさんの種類のバラが咲いていました。

100種類ほど植えられているそうです。

 

f:id:jfhappy:20180507122641j:plain

 

ただいま、「春のバラフェスティバル」開催中。

5月31日までですが、今年は暖かい日が多いから、早めに行かないと枯れちゃいそうです。

5月11日(金)~20日(日)は、ライトアップもされるそうですよ。

 

洋風庭園だけでなく、日本庭園もありますよ。

 

f:id:jfhappy:20180507122838j:plain

  

六義園で自然に癒される

続いて、本郷通りを15分ほど歩いて、六義園(りくぎえん)へ向かいました。

1702年、徳川綱吉の時代に築園された、回遊式築山泉水庭園です。

駒込駅からすぐの臨時の出入り口が開いていてラッキー。

 

f:id:jfhappy:20180507123310j:plain

 

本来ならつつじの季節だと思うのですが、ほぼ枯れてしまっていたのが残念でした。

人は多かったけれど、旧古河庭園より六義園のほうが広いせいか、のんびりできました。

 

標高35mの藤代峠からの景色。

山手線内とは思えないほど、自然が豊かな場所です。

パンフレットの写真は、つつじが満開でもっとキレイなんですけどね。

 

f:id:jfhappy:20180507123338j:plain

 

お花の種をいただきました

無料で入園させていただいたお礼に、旧古河庭園で寄付をしたら、なでしこのお花の種をいただきました。

うまく育てられる自信はないけれど、できる限りがんばってみます。

ちなみに普段の入園料は、旧古河庭園は150円、六義園は300円です。

 

2箇所あわせて、2時間ほどのお散歩でしたが、意外と楽しめました。

次は浜離宮と旧芝離宮に行きたいなぁと思っています。