My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

私のネガティブ感情の原因。

Sponsored Link

私は一人っ子。

そして3月生まれの早生まれです。

 

特別裕福な家って訳ではないけれど、小さい頃は、何不自由なく、元気で健やかに育っていたと思います。

子どもらしく、純粋で超ポジティブだったハズです。

 

ところが、幼稚園に入ってから、私は超ネガティブ思考な子どもに一変してしまいました。

別に、両親は今までとなにも変わらず私を愛してくれていたし、経済状況が変わった訳ではないんですよ。

 

幼稚園に入って、あることに気づいてしまった。

ただそれだけなんです。

 

流暢におしゃべりができない。

けんかや言い争いの仕方がわからない。

お弁当や給食を食べ終わるのが遅い。

かけっこも遅い。

お絵かきや工作も下手っぴ。

 

すべてにおいて、周りのお友達に比べて劣っていたのです。

とにかくお友達の言動に全くついていけなかったんです。

 

大人になって考えれば、月齢が違うんだもの、当たり前でしょ?

ってことは分かるのですが、当時の私は「どうせ私なんて。」っていう思いばかりがどんどん募っていきました。

 

f:id:jfhappy:20180227114725j:plain

 

幼稚園の遊具で一番人気があったブランコ。

私は卒園するまで1度も乗れませんでした。

いつもたいして楽しくもない、UFOのような円盤型の箱の中にいました。

または、大好きだった先生と一緒に過ごしているか・・・。

 

なんで面白くないのに幼稚園や学校に行けないんだろう。

小学1年生の頃までは、わけも分からずただただ通っていました。

テスト中に隣の子の解答を見ちゃいけないことも知らない、おバカな子でした。

 

そんなときに出会ったのが、ピアノ。

読書も大好きでした。

人と関わるよりも、自分の世界に入りこむ方が楽しかったんですね、きっと。

 

一人っ子か早生まれ。

どっちかだけだったら、ここまで苦しまなかったのかもしれません。

 

www.jfhappy.net

 

MACOさんのプログラムをしていたときに、ワーッと思いが込み上げて、涙まで流してしまった私のネガティブ感情。

なんだかんだで子どものころの思いを引きずっていて、月齢なんてとっくに関係のない今でも、どうせ私なんてってついつい思ってしまいます。

そして人と関わるのも苦手だから、自宅に帰ってから、いや帰り道に疲れがどっと出てきてしまいます。 

 

でも、そんなネガティブな自分もひっくるめて愛さないといけませんね。

 

あのときの あの苦しみも

あのときの あの悲しみも

みんな肥料に なったんだなあ

じぶんが自分に なるための  

 

相田みつをさんのお言葉。

ネガティブだった自分がいたからこそ、今の自分があるのです。