My Journey to Find Happiness

シンプルライフと引き寄せで幸せになる。

「念」とは「今」に「心」を向けるコト。

たまたま図書館で手に取って借りてきた本です。

ついついもう1度読み返してしまったほど心にすごく響いたのでご紹介します。

シンプルで分かりやすい言葉で書かれているので、心にスーッと入っていきます。

 

 

ベトナム出身の禅僧で、ベトナム戦争終結の際に大きく貢献した平和活動家でもあります。

マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの推薦により、ノーベル平和賞候補になったことも。

フランスに亡命後、マインドフルネスの第一人者として、欧米で普及活動を行っています。

 

真の愛とは?愛の4つの側面

愛する人を幸せにすること(慈)

苦しみを和らげること(悲)

喜びを分かち合うこと(喜)

愛する人に自由をもたらすこと(捨)

 

相手をよく理解し、思いやりをもって行動し、共に喜び、決して執着しない。

個人的には、捨が一番難しいですね。

ついついこうして欲しいと期待し、時には押し付けてしまいます。

特に子育てに関しては・・・。

 

今この瞬間の自分に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることです。

本を読んでなるほどって思ったのは、仏教でいう「念」であるということ。

漢字で「今」に「心」があると書いて、「念」とは、よくできているなぁと漢字のすばらしさに改めて気づきました。

 

f:id:jfhappy:20180316124404j:plain

 

マインドフルネスを実践するための瞑想

座ってでも、仰向けなってでも、歩きながらでもいいので、とにかく呼吸に意識を集中させます。

 

まずは、

息を吸いながら、息を吸っていることに気づく

息を吐きながら、息を吐いていることに気づく。

 

さらに、

息を吸いながら、恐れや怒り、苦しみ、悲しみ等のネガティブ感情に気づく。

息を吐きながら、それを温かく受け入れてあげる。

 

こんなカンジでしょうか。

10分間ほどやってみると、確かに気持ちが楽に穏やかになる気がします。

夜寝る前に、瞑想を取り入れてみようと思います。